一戸建て売却の流れについて、詳しくご紹介します。

口コミ評価

5
(3)
星5つ ★★★★★ 3
星4つ ★★★★ 0
星3つ ★★★ 0
星2つ ★★ 0
星1つ 0
     

一戸建て売却の流れについて、詳しくご紹介します。の口コミ・評判

口コミ件数3件


一戸建て売却の流れ

一戸建て売却の流れについてお伝えします。

準備 > 査定 > 媒介契約 > 売却活動 > 契約・引渡し

一戸建て売却の流れは、大きく分けると上記の手順になります。ステップごとに、どのような対応が必要なのか、ご紹介していきます。

私も、武蔵村山市にある不動産を上記の流れで売却しました。

情報収集

一戸建てを、できるだけ良い条件で売却するためには、事前の準備が大切です。不動産会社に相談をする前に、売却に関する情報収集や、持ち家の状態や立地などをあらかじめ調べておきましょう。

一戸建ての場合、最寄り駅からの距離や周辺環境、土地の形状や住宅を建てる際の制限(※建ぺい率・容積率など)、敷地と道路の接道状況なども重要なポイントです。

必要書類を準備する

次に、不動産の売却を行う際に必要となる書類の準備をします。不動産の共有者が複数いる場合には、全員分の書類を用意しましょう。

身分証明書
実印
印鑑証明書

登記上の住所と現住所が異なる場合「住民票」、売主に関する書類、物件の所有者であることを証明する「権利書」、固定資産税の未納分確認のために「固定資産税納付書」、登記時に「固定資産評価証明書」が必要となります。

不動産の売買契約では、スムーズな手続きが望まれますので、いざ売却となったときに慌てないために、早い段階から売却に必要な書類を揃えておくようにしましょう!

地積測量図:土地の面積や形を示す法的な図面のこと。

建設設計図書・工事記録書: 一戸建てが建築された際にどのように設計・工事が実施されたかを記録した書類。

境界確認書:隣接する土地の所有者と自分の土地の境界について、合意をしたことを記す書類。

建築確認済証・検査済証:物件が建築基準法によって建築されていることを証明する書類。

.一括査定を行う

事前準備や情報収集の結果、ある程度相場を把握しましたら、不動産の一括査定サービスを利用して、複数の不動産会社へ依頼をし、プロに査定をしてもらいましょう。

ご自身で調べた情報と、査定価格がかけ離れていないか、根拠の提示はあったかなど、気になった点はどんどん説明を受けるようにしましょう。

不動産会社と媒介契約を締結する

査定を出してくれた不動産会社の中から、売却をサポートしてくれるパートナーとなる不動産会社を決定します。不動産会社選びに迷った際は、査定価格のほかに、周辺の売買実績の有無などを参考にすると良いでしょう。不動産会社を決めたら、媒介契約を結びます。

契約形態には、大きく分けて「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つあります。それぞれ特徴やメリット・デメリットを把握した上で、ご自身の希望条件・売却希望時期を考慮し、慎重に選ぶ様にしましょう。

a
2019/10/4 /  
a /  
a /  
a /  

a

口コミ投稿フォーム

タイトル
性別
年齢
職業
評価 ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★
コメント
口コミを投稿する